ミムラモデル入荷しました

丁度 発表になってから1年・・・生産モデルとして初のニューバランスとあのミムラボ監修モデルが入荷しました。


個人的にはここ数年のレーシング・ハイスピードモデルの中ではちゃんと作りこまれているなと思えるブランドの1つです。

写真上段がHANZO Rです。

以下HPより転載

独自機能を多彩に搭載し、自己記録更新を目指すシリアスランナーをサポートするレーシングシューズ「NB HANZO Rv2」がM.Lab(ミムラボ)とのコラボによりさらに進化。日本人の足にフィットする新ラスト、軽さと反発性を極めたワンピース構造のREVLITE ミッドソールに加え、サポート性を高めたアッパーを採用し、Dと2Eの2種類のウイズで展開。

との事ですが、実はこのモデルに限らずミムラボ監修モデルについて注文はしたけど現物を見るのが入荷するまで見れなかったのです。正直、ミムラボ監修モデルだから大丈夫だろうって期待半分・心配半分での入荷待ちでした。

実際手に取ってみて、新しい技術はほとんど見られない反面、非常に手堅くしっかり作りこまれています。ワイズ(幅)は2Eで入荷しましたが、ただの幅広ではなくしっかり押さえる所は押さえてホールドし、当りが気になりそうな場所は上手く包んでフィットさせる作りとなっています。クラス的には他社のターサージールに相当するスピードレンジです。価格は14500円+税です

 

写真下段はHANZO Sです。虚飾を廃しひたすら軽さとフィット性、ソールの反発を重視したレーシングモデルです。

こちらも奇をてらわずに従来の技術をブラッシュアップしてしっかりと作りこまれています。エリートランナーが勝負掛ける為に

はこのように安心して履けるモデルも非常にお勧めです。こちらもワイズは敢えて2Eで入荷しましたが、本当にいい足型ってこんな型なんだなって思わせてくれるレーシングシューズの教科書みたいなシューズです。他社のマラソンソーティーと同等のスピードレンジです。駅伝などでレースに集中し、勝ちを狙いに行くには本当にお勧めです。

 

最近の機能満載のシューズとは全く異なりますが、現物はしっかり作り込まれていて足形もエリートランナーの足の特徴を掴んだ、正に玄人好みの1足です。ランナーなら誰しも履けるシューズでは有りませんが、地面を捉えて自分の足の力で蹴り飛ばす感覚が好きなランナーに強くお勧めします。