あと3週間ですよ!ウエア編その2

前回の更新から1週間経ちましたので、あと3週間・・・にタイトル変更しました。

 

今回はボトムスについての説明を・・・

やはり走り易いボトムスはランニングパンツですね!

これはタイムが遅いからとか初心者だからって理由で敬遠するのが勿体無いアイテムです。むしろフル走るのに履かない理由が見当たらないくらいに快適です!

 

今年のお勧めはトレランシーンでは結構メジャーになりつつある腰周り1周がポケットになったパンツです。ウエストポーチ並に物が入り、ネット状の生地が中に入れた物を押さえて揺れなくするので非常に快適です。お勧めはザ・ノースフェイスやサロモンですが少々お高いので(勿論、快適性は最高ですが)ミズノから手頃な価格帯で出ております

 

まだまだパンツの下にロングタイツを履いている方を見かけますが、間違ったサイズ選びや使い方をされている方がほとんどです。女性の方(たまに男性も)で足が日焼けしたくない理由で履くなら特に問題無いのですが、履くのにかなり苦労して引っ張らないと履けない位じゃないと疲労軽減効果は期待出来ないです。しわが入るようなサイズでは合っていません。

筋肉の重さとゆれをしっかり封じ込める強度を考えるとサポート部分の生地がタイツ本体よりも厚く・強くないと筋肉を支える事が出来ないです。それだけの機能を持ったタイツだとどのメーカーでも大体15000円前後になってしまいます。それ位の価格帯の高機能タイツは本当に疲れませんし、膝がぶれにくく痛みも少ないです。

(現在、店頭にて品番・サイズ限定ですがミズノのバイオギアBG8000シリーズのタイツを半額の7000円にてご奉仕しております

このタイツは本当に疲れません)

 

ロングタイツを履くよりももっと手軽に確実に効果が期待出来るのは着圧コントロールタイプのサポーター”ゲイター”です。脹脛を段階的に締める事で末端の体液を心臓に戻すポンプ効果が向上し足のむくみや疲労物質の滞留を軽減してくれます。勿論、ふくらはぎの無駄な振動を減らす事の疲労軽減効果も非常に高いです。

当店ではアールエルソックス・コンプレスポーツのゲイターをご用意しております。アールエルソックスのゲイターについてはサイズサンプルもご用意して試着も可能です。

お手頃価格のゲイターも世に有りますが、そこは妥協せず”着圧コントロール”された”ジャストサイズ”のゲイターを使う事が大事です(そんなに価格差も無いですから)


次回は意外とレース結果にも影響が出るのに無頓着なソックスについてご説明します