あと4週間ですよ!ウエア編

昨日は台風が来るって言うのに、僅かな午前中の雨が降らない時間を縫って行われた小松鉄人レースのショートの部に参加しました。自己ベストとはかけ離れてましたが、十二分にレースを楽しんで帰ってきました。

参加するのは自分の体力テストって側面も有りますが、それ以上に実際に扱っている商品が本当に良い物なのか?どう扱うと本来の機能を発揮するのかなどの身体を張ったテストも兼ねています(笑)

 

例年、あのマラソンの頃は秋の長雨真っ最中に当たる事が多いように思えます。

晴れれば快適なマラソン日和ですが一度雨が降ると、気温以上に冷え込みます。ましてや風など吹こうものなら低体温症にもなりかねないです。

ですので、暑くても寒くても対応出来るウエアが必要です。

 

まず、トップスは絶対ポリエステルに代表される化学繊維がお勧めです。生地の糸自体が吸水せず外に運び出す作用が強いので肌の表面が常にサラッとした状態になります。

これが綿に代表される天然素材は水分を含んでしまうので、常に濡れた物が肌に当たって濡れっぱなしになってしまいます。
濡れてしまう事で不快なだけでなく体温を急速に奪ってしまいます。これが気温が高い時ならバランスしますが、外気温が20度位を下回ると適度な温度以下に下がってしまい体調を崩す原因となりがちです。

ところが、ポリエステルと言えども生地の中で飽和する位に濡れてしまうと綿生地と変わらなくなってしまい、身体を冷やす原因となります。そこでお勧めなのが水を含まない素材で出来たメッシュインナーです。生地と肌の間に出来る事で、濡れた生地が肌に触れず不快感が大幅に無くなるだけでなく、空気の層が1層出来る事で冷えからも開放されます。当店ではミレー・ドライナミックインナー、クラフト・スーパーメッシュライト・ノースフェイス100DRYを取り扱っております

 

ちょっと長くなったのでボトムは次の記事にて紹介します(ちょっと毒吐きます)